地球ゲ―ムを楽しもう♪

目を覚まして生きていく

変化と進化

先日、最近気になる言葉として「気遣い」と「心遣い」の記事を書きました。

今日はもう1つの気になる言葉として「変化」と「進化」について思うことを書きたいと思います。

ここ2~3年で私は、180度とまではいかないかもしれませんが、相当内面が変わりました。

先日の「自分に寄り添うノ―トを読み返してみた」の記事では、トンネルを抜けた話をしました。

トンネルの中にいた時と、抜けて視界が明るくなった今とこれから先…同じじゃないよね?

何が変わる?

変わる…そう私は少しずつもがきながら変化してきたんです。

変化した結果、自然と大丈夫だと思えるようになった。

だったらもう変化は終了してる。

次は何?

進化じゃない?

と、こんな風に思ったわけです…。

単純ですか?(笑)

もがいていた時の私は、自分に対する無価値感と虚無感の気持ちでいっぱいでした。

何だか借り物の人生を歩んでいるような感じで、本当に自分の足で大地を踏みしめて生きている!そんな実感がなかったです…。

母として妻として嫁として、自分には役割がある、それで十分じゃないか、それ以上望むなんて贅沢だよ…今のままでいいじゃない、

と言い聞かせたところで納得できず…。

母、妻、嫁である前に、私は私。

私にとって家族は大切な存在です。

でも実は私は1人でいる時間が一番好きなんです。

自分がただの自分でいられるから…。

また、社会情勢の急激な変化により、世の中を見る目が180度ひっくり返って、急に生きづらくなりました。

2020年はまさに人生の分岐点でした。

次々に発生するトラブルに対処するうちに、次第に何の肩書きも役割もないただの自分を生きたい!という自分の気持ちに本気で向き合うようになりました。

外側で起こるトラブルに誠心誠意を持って全力で対処するけれども、どうにかしようとはしない、なるようにしかならない、そんな心持ちでいられるようになったら、運命の輪が良い方向に回りはじめました。

私は家族のために生きていればそれでいい、それが幸せだ、と無理矢理に思うのはやめました。

家族も大切ですが、その前に1人の人間としてもっと輝きたい!

その気持ちに正直になろう。

スマートじゃなくていい。

まだまだ間に合う、今から思いっきりあがいて私を生きよう。

そう思うようになって、今に至ります。

今までは、変化を繰り返してきました。

でも私はもう十分変化した。

だからこれから先は進化する、という意識を持とうと思いました。

変化と進化、傍から見たら同じようかもしれませんが、自分的には全然違います。

変化は、今が不十分だから改善したい。

進化は、今すでに十分満たされているけれど、さらに高みを目指したい。

自分では、変化と進化をこんな感じで捉えています。

自分の過去を振り返ってみて思うことは、

変化したいと強く思っていた時は、世の中や自分に対して絶望、失望している時だったなということ。

進化したいと思っている今は、未来に希望を見出だそうとしているということ。

このように心持ちが全然違います。

人生色々あるけれど、もっと生きることを楽しみたい。

だからここまで変化できた自分にまずは合格点をあげたいです。

人生はパラパラ漫画のようなもの。

点と点が無数に連続して繋がっているようにみえるだけ。

意識次第で次の一瞬を塗り替えることもできる。

進化するというのは、自分の意識で次の1ぺ―ジを望みの絵柄にデザインしていくということ。

これからの自分のテ―マは、「進化する」です。