地球ゲ―ムを楽しもう♪

目を覚まして生きていく

毎日リセットする

ブログを書くようになって、やり始めたこと。

 

それは、

「自分の意識を毎日リセットする」こと。

 

ちょうど一週間前に、ブログで自分を表現するようになって心が軽くなった、という記事を出しました。

 

確かに軽くなってます。

でも迷いや葛藤もあります。

 

年末年始を除いて、今のところ毎日更新しています。

特に絶対毎日更新を目標にしているわけじゃなく、

日々様々なキ―ワ―ドが思い浮かぶので、コツコツ記事を書き溜めた結果、

今のところ毎日になっているという感じです。

 

このブログをよく読んでくださる方は、私が書く記事の傾向をある程度わかっていらっしゃると思います。

 

記事の執筆にはだいぶ時間をかけて慎重にしています。

 

言葉が諸刃の剣になることが分かっているからです。

 

まだまだ言いたいことをだいぶ抑えています。

 

「こういうことが言いたい!」と思って、最初に書き上げた文章は、だいぶ尖っていたりします。

 

そのままでは出せないので、しばらく寝かせます。

 

しばらくして読み返すと、気持ちが変わっていたり、もっと柔らかい表現を思いついたりするので修正します。

 

ただただ、楽しくわくわくすることを記事にすれば、こんなことはしなくていいのですが…。

 

記事は完成しているんだけど、明日は更新お休みしようかな…って思う時もあります。

 

言いたいけど言いたくない、みたいな微妙な心境になります。

 

そんな時は、まだまだ自分の考えを表に出すのが怖いと思っているんだな…って自分の不安な気持ちに寄り添うようにしています。

 

人は、年齢にもよりますが、毎日を平穏に健康に生きていると、当然明日も明後日も1年後も5年後も自分は生きているだろうと思いますよね。

 

そして昨日と今日と明日は連続してつながっている、時間が途切れず流れていると思いますよね。

 

でも過去はただの記憶だし、未来は予測にすぎません。

 

過去が本当にあったのかどうか、確実に証明する方法ってないと思います。

 

記憶や文書や建造物も、書き替えや捏造も可能です。

 

未来はまだ来ていないし、来る保証もありません。

 

やっぱり今しか自分は生きていない。

 

時間が途切れずつながっている、と思うと、過去の失敗や未来への不安に縛られて今の自分の言動を制限してきます。

 

ある程度制限がかかるのは、自分の中の安全装置が働いて危険を回避してくれているので必要だとは思います。

 

でも安全装置が過剰に働くと、動くべきものも動けなくなります。

 

人生には転換期というものがあって、新たな自分に脱皮して生まれ変わるような経験をすることがあると思います。

 

生まれ変わりはしょっちゅう起こるものではない、と今までは思っていました。

 

でも今しか生きていない、という考えの下では、

 

極端にいえば瞬間瞬間に生まれ変わっているとも言えます。

 

とてもそんな実感は湧かないですけどね…。

 

瞬間瞬間という感覚は難しくても、1日1日ごとに生まれ変わる、ならばまだ少し実感が湧きます。

 

寝る時に一度死んで、起きた時にまた生まれる、みたいな…。

 

自分の発信の方向性や内容に自信が持てなくなることが毎日のようにあります。

 

楽しいと不安の背中合わせのような感じです。

 

でもこれまでのようにずっと停滞し続けるのは、もう嫌だ。

 

そこで、やめようかな…という気持ちに引っ張られそうになる対策として

 

「毎日意識をリセットする」ことにしました。

 

瞑想ではないですが、目をつぶって自分の言葉にならない気持ちをそのまま感じます。

 

怖い、とか不安とか具体的な言葉にはしません。

 

言葉にすると分からなくなります。

 

言葉にできないので、どんな気持ちか説明できませんが、とにかくそのまま感じます。

 

そうすると落ち着きます。

 

明日はやめたいな…と思っても朝起きるとやっぱり更新しよう、と気持ちが変化しているので効果はあるのかな、と思います。

 

決して毎日に対する執着ではありません。

ただ、今は発信し続けることが自分の中で大切なことなのです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。