地球ゲ―ムを楽しもう♪

目を覚まして生きていく

我が家の洗剤と石鹸

今日は我が家で使用している洗剤と石鹸をご紹介します。

 

うちは、息子は軽度のアトピー、私も肌が弱いほうです。

なので、なるべく肌への刺激が少ないものを使用しています。

合成界面活性剤が入っているものは、肌に負担がかかるので、なるべく避けたいところです。

界面活性剤ってお肌に良くないの? - 石鹸工房コクーン | 洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア

界面活性剤は何に入っているの? - 石鹸工房コクーン | 洗顔石鹸から始めよう 肌を育てるスキンケア

 

※ミヨシ石鹸無添加  お肌のための洗濯用液体せっけん 5L (5000ml)

※シャボン玉せっけん(石けん素地100%)
f:id:side-by-side-era:20220121101923j:image

マグネシウム

f:id:side-by-side-era:20220121112610j:image

洗濯には、ミヨシの液体せっけんと、マグネシウム粒を使用しています。

 

5L入りの液体せっけんは、お値段2000円ちょっとでお財布にもやさしいです。

 

マグネシウムにも汚れを落とす効果があるので、せっけんの使用量を控えるために、洗濯用ネットにいれて使用しています。

 

柔軟剤は使用していません。

マグネシウム効果なのかどうか、分かりませんが、柔軟剤を使用してなくても部屋干し臭がしません。

 

タオルなどがゴワゴワするかな?と最初は心配でしたが、特に問題なく感じます。

 

洗剤のCMに出てくるような、ふっくらふんわりは無理ですが、余計なものを使用したくないので、今後も柔軟剤なしでいこうと思います。

 

シャボン玉石けんは、お風呂で顔と体を洗うのに使用しています。

石けんにも色々種類があり、無添加と書いてあるものでも、成分表示を見ると余計なものが入っていたりします。

シャボン玉石けんは、石けんとしては一番シンプルなものだと思います。

 

ついでなので、歯みがき粉とワセリンも紹介します。

 

※パックスナチュロン緑茶石けんはみがき

※べたつかないのびるワセリン

  サンホワイトシルキ―    Y-1
f:id:side-by-side-era:20220121101940j:image

 

歯みがき粉は、フッ素が入ってないものを使用しています。

パックスナチュロンを使いきったら、シャボン玉石けんの歯みがき粉に切り替えようかと考え中です。

 

ワセリンは、顔や体、髪の毛に使用しています。

以前、肌断食しているという記事を公開しました。

普段、ファンデーションを使用していないので、洗顔は石けんか、ぬるま湯のみ。

洗顔後、小指の先ぐらいの少量のワセリンを手のひらで温めてから、こすらず、顔にゆっくり押し付けるようにしてつけてます。

 

私が使用しているのは、さっぱりタイプですが、さっぱりが嫌な場合は「サンホワイト」という商品もあります。

サンホワイトシリーズは、ワセリンの中でも高純度なものだそうで、赤ちゃんにも安心して使えると思います。

 

以上で紹介を終わります。

少しでも体や環境にやさしい生活がしたいと思って、できるところから取り組んでいます。