地球ゲ―ムを楽しもう♪

目を覚まして生きていく

孤高と孤独の違い

孤高の人」っていう言葉がふっと頭に浮かんだので、孤独との違いは何かな?と考えてみました。

まずは言葉の意味

孤高
自身の考えや信念を貫き、ただ一人でその道を突き進むこと。

孤独
精神的なよりどころとなる人や、心の通じあう人などがなく、さびしいこと。


なるほど…。

言葉は似ていても意味はだいぶ違いますね。

一人でいる状態である、という点は共通。

でもその精神状態が違う。


「孤高」は、自ら一人でいることを選ぶ。
そこに快適さや誇りを感じる。

「孤独」は、やむを得ず一人でいる。
同じ思いを共有できる仲間を望む 。


別の言葉に置き換えてみます。

孤高 = 自立 = 自分軸


孤独 = 依存 = 他人軸


何となくこんな感じがします。

私は普段どっちだろう?

自分の理想は「孤高の人」なんだけど、

落ち込んだり、自信をなくすと「孤独の人」になってるかな…。


孤高な人というと、

人付き合いを好まない、

協調性がない、

近寄りがたい、

みたいなイメージがあります。


でも私の中では、「孤高の人」は

「自分の核」をしっかりと持った人だと思うので、
孤高の人」を目指したいです


そして私が理想とする、互いを尊重し合う愛のある関係は、

自立した「孤高の人同士」であれ
ばうまく成立するな、と思いました。


どんなに仲の良い家族であっても、親友でも自分以外の人間は他人です。

違っていて当たり前です。

1人でいることを恐れないでください。

1人でいることと、1人ぼっちは違います。

違っていても、手を繋ぎ合うことはできます。


私のはてなIDの「side-by-side」というのは「横並び」という意味です。

今の社会は、競争や格差などの上下関係の社会です。

でも私は個々が自立しつつ、上下ではなく、同じ横並びの目線で手を繋ぎ合う社会を望んでいます。

上下ではなく、横並びを目指したい人は、ぜひ

孤高の人」になってください。